HOME > デュアスロンとは > エリートクラス出場基準
エリートクラス出場基準

(2018年9月11日発表)

出場資格

制限時間内(各ステージ開催要項記載)に完走できる能力を有する選手

申込方法

ステージ毎に下記対象選手の優先受付を行います。(九州ステージを除く)
優先受付期間終了後、定員に達するまで先着順で追加受付を行います。
各ステージの優先・追加受付期間については、当ホームページ内「新着情報」にてご案内します。

優先受付対象者

  1. デュアスロン強化指定選手
  2. エリート強化指定選手
  3. ロングディスタンス強化SAB指定選手
  4. ジュニア強化SAB指定選手
  5. カーフマンseason15 ポイント獲得者
  6. カーフマンseason16 各ステージ6位以内(2戦目以降)
  7. JTU認定記録会ラン 16歳以上標準記録の7級以上(男子16:25、女子18:41)
    【2017年11月以降の記録が有効】
  8. 2018日本学生トライアスロン選手権観音寺大会 男子10位以内、女子6位以内

注意点

  • season15に引き続き、CTLによるカーフマンシリーズ戦としての全体順位付けを行います。
  • 日本学生デュアスロン選手権の出場資格は別途公開されますが、カーフマン各ステージの成績(CTL)が加味される予定です。

Calfman Timerate List(CTL)の算出方法

  1. 各ステージの優勝者のタイムを1.0とし、「自身のタイム/優勝者のタイム」の値を算出し、この値の小さい順に順位付けを行います。
  2. 複数ステージに参加した選手は、最も小さい値を採用します。
  3. 値が同じ場合は同順位となり、同順位の選手が複数いた場合は、以降の順位は繰り下げて順位付けします。(例:99位の選手が2名いた場合は、次の順位は101位となります。

※各ステージ終了毎に最新のCTLをホームページにて公開します。
※近畿ステージのCTLは決勝に進んだ30名のみに与えられます。

Page top